2022年版 ネカジ.comのおすすめネットカジノはこちら

ネットカジノの勝利金が税金の対象かチェックしよう

オンカジ 税金

ネットカジノの勝ち金は課税対象になる?

ネットカジノ(オンラインカジノ)の勝ち金は、その金額により一時所得か雑所得になります。

年間を通じての勝ち金がトータル50万円を超えると課税対象になります。

通常、娯楽としてカジノで遊んで勝ち金がたまたま増えていった場合「一時所得」の扱いとなり特別控除50万円が適用されますが、カジノで稼ぐことを目的とし頻繁にプレイしていた場合「雑所得」の扱いとなり特別控除の50万円は適用されません。

そのかわり一時所得では勝ち金が発生した時の賭け金しか経費にできませんが、雑所得では負けた時の賭け金も経費にできます。

まず下記の図解でどの所得になるのかチェックしてみてください。

課税対象か一時所得か雑所得かチェック

最初に1年間に日本円で出金した大体の勝ち金を累計してください。
そこから勝ち金が発生した時のベット金額の合計金額を引きます。(負けた時のベット金額は引かずに計算)

その段階で50万円を超えていなければ確定申告の必要はありません。
給与所得者であれば90万円を超えていなければ確定申告は不要です。

 

オンラインカジノ 税金

① 年間50万円の累計勝ち金があるかないかの計算例

前提として勝ち金を日本円で出金していることとします。

オンライン決済口座(ecopayzなど)にカジノから送金したまま日本の口座に送金ぜず残している状態ですと確定申告ができません。

また勝利金と国内に出金した金額が同じ(為替変換前)でないと申告時に添付する資料として成り立ちませんので、一時所得として申告するなら一致させておく必要があります。

それでも年間を通して勝ち金合計が50万円を超えないようなら申告の必要なありませんので気にすることはありません。⇒節税対策を見る

 

では具体的な例を挙げてみます。

(例:1年間の収支をわかりやすいよう入出金を同日にしています)

 

日付入金金額(円)勝利金残高(円)出金金額(円)差額金額(円)
1月10日50,000▲50,0000
3月25日60,000100,000100,00040,000
6月7日50,000120,000120,00070,000
7月7日30,000500,000500,000470,000
12月10日50,000▲50,0000

上記の場合、勝ち金が発生している3月25日、6月7日、7月7日の勝利金が対象となります。


出金金額は、100,000円 +120,000円+ 500,000円=720,000円です。
この勝ち金を得るために使ったお金(入金金額)は60,000円 +50,000円 +30,000円=140,000

なので対象金額は720,000円-140,000円=580,000円となります。

 

580,000円は50万円を超えていますので確定申告する必要があります。

② 一時所得か雑所得か確認する

ネットカジノ(オンラインカジノ)の勝利金は一時所得雑所得の対象です。

③一時所得とは

営利を目的とする継続的行為から生じた所得ではなく、臨時・偶発的な所得で、労務やその他の役務または資産の譲渡による対価としての性質を有しないものをいいます。

ネットカジノの場合、稼ぐためにプレイするのではなく娯楽としてプレイし、たまたま使ったお金より勝ち金が多かった場合などが一時所得となります。

一時所得の主なものとして

  • 懸賞、クイズの賞金や商品
  • 競馬の馬券・競輪の車券の払い戻し金(場合によっては雑所得)
  • 生命保険の満期保険金
  • 長期損害保険の満期返戻金
などがあります。
一時所得の場合、特別控除として50万円が適用されます。
上記の例で計算式に当てはめると(580,000万円-500,000円)÷2=40,000円
課税対象となります。

④雑所得とは

雑所得とは、営利を得るために行動した結果生まれた所得で所得税法上の9種類の所得のどれにもあてはまらない所得のことです。

ネットカジノの場合、単なる娯楽でプレイするのではなく継続して勝利金を得るため、稼ぐ目的でプレイした場合一時所得とはならず雑所得となります。

娯楽のつもりでプレイしていてもプレイの頻度や勝つ頻度が多いと、税務署から雑所得とされることもあります。

雑所得とされるものとしては

  • 印税・講演料
  • ネットショップ
  • アフィリエイト報酬
  • ネットオークション
  • フリーマーケット
  • 公的年金

などがあります。

雑所得の場合、50万円の特別控除は適用されませんが、損益計算ができます。
つまり負けた分の賭け金も経費となります。

 

上記の例でいきますと

580,000円-100,000円(負けた時の賭け金総額)=480,000円

が基本的に課税対象の金額となります。

一見雑所得が損な感じがしますが、負けてる回数・金額が多い場合などは雑所得の方が一時所得で計算するより有利な時があります。

⑤ 給与所得者のネットカジノの勝ち金は

年末調整を受けるサラリーマンなど給与所得者の副業収入が20万円以下の場合、確定申告をする必要がありません。

・ネットカジノで得た勝ち金収入が一時所得の場合

( 勝ち金合計-賭けた金額合計(勝利した時の)-50万円(特別高所))÷2=20万円以下なら確定申告不要となります。

つまり
勝ち金合計-勝利した時の賭け金額合計=90万円以下であれば確定申告不要となります。

・給与所得者でも副業としてカジノをプレイしている場合

この場合は雑所得扱いとなりますので、

(勝ち金合計-すべての賭け金額(勝利した時も負けた時も)=20万円以上場合は確定申告が必要となります。

いずれにしても確定申告が必要となった場合で書き方などわからない時は税務署に相談された方がいいです。

最近はネットの収入がある人が増えてきていますので、ネット専門も税務署職員さんもいるようです。

添付書類として決済サービスの入出金履歴や勝ち金を出金した銀行口座の明細書などが必要ですが詳しい提出物も確認したほうがいいと思います。

面倒だとは思いますが、

最近銀行は海外からの送金に非常に敏感になっていますしマイナンバーカードの導入により税務署も銀行口座の把握がしやすくなっています。

無申告が後にばれると延滞税+追徴課税+その他加算税が課せられる場合もありますので、該当する場合は確定申告はきちんと行うようにしましょう。

ネットカジノで支払う税金を節税するには

ネットカジノで税金を払わないようにするには、50万円以上の勝ち金を出さないようにすることです。

ネットカジノの勝ち金は日本の口座に着金になってはじめて課税対象となりますので、一番簡単なのは、カジノのアカウント口座から出金しないことです。

日本にあるお金が税金対象になりますので、できるだけ勝ち金も海外においたままにしておくのが節税対策になるようです。

(参考文献:ミツモア  経理COMPASS 他)

新規登録入金不要ボーナスバナー

オンカジ 税金
最新情報をチェックしよう!

税金関連の最新記事8件